ファイテンのパワーテープで、ランニング、ジョギングの有酸素運動を効率アップ

塗るボディケア

ランニングなどの「有酸素運動」は健康に良い、と言わています。
なぜ、有酸素運動は身体に良いといわれるのでしょうか?

有酸素運動とは?

筋肉を収縮させる際のエネルギーに、酸素を使う運動のことで、具体的には、ジョギング、水泳、ジムなどで行われるエアロビなど、比較的軽い負荷で、ある程度時間をかけて行う運動です。

有酸素運動の効果

有酸素運動の効果は「脂肪燃焼」「心肺機能の向上」などで、運動を続けることで、基礎代謝が上がり、太りにくい体質になり、スタミナがアップすることによって、疲れにくい身体になります。

有酸素運動をすることによって、理想的な体型になり、それを維持しやすい体質体力のある身体になるので、まさに理想的で健康的な身体になるということです。

ジョギング、ランニングは、特別な道具を用意しなくても、手軽に始められるので、健康維持や
ダイエット目的などで、日頃の運動に取り入れている人も多いのではないでしょうか?

リラックスして走ることは、酸素を運搬する血液の循環を促す

気軽にできる、ジョギングやランニングですが、効率よく行うにはリラックスして走ることが大切です。

有酸素運動は、身体の各組織に効率よく酸素を運ぶ必要があります。
筋肉の収縮と弛緩によって、骨格が動き、血液循環を促す役割もあるので、力んだ状態では、筋肉は収縮した状態にあり、血液循環が効率よく働かないので、酸素は欠乏状態になってしまいます。
酸素が欠乏状態では、効率よく身体が動かないという悪循環になります。
箱根駅伝の選手も愛用するファイテン パワーテープ

お正月の恒例行事ですが、1月2日から3日にかけて、予選を勝ち抜いた大学で争われる駅伝です。

テレビでも中継されますし、歴史も長いので知らない人はいないでしょう。
その選手が首まわりや足に貼っている丸いシール状のものが、ファイテンのパワーテープです。

筋肉をリラックス状態に導くことで、血流を改善、十分な酸素が供給されるので、エネルギーを無駄なく、効率よく使えます。

引用元:スポーツ報知【箱根駅伝】22年ぶり8区区間新の東海大・小松陽平に大会MVP「金栗四三杯」

箱根駅伝2019東海大学、小松選手

パワーテープの種類は3種類(楕円形、丸タイプ)

メタックステープ

ファイテンのメタックス技術を採用のテープで、楕円形テープです。
メタックスはファイテンの技術の中で最高峰の位置づけになっています。

パワーテープ X30

ファイテンの技術「アクアチタン」採用で、X30とは、アクアチタンの濃度が通常の30倍を示しています。

>>【ファイテン公式】パワーテープX30 50マーク入


>>【ファイテン公式】パワーテープX30 500マーク入

パワーテープ

チタン(炭化チタン)採用の昔からある、超ロングセラー商品です。
3つの中で、ランク的には一番下ですが、そのぶん価格も安いので、気にせずにどんどん貼れます(笑)

私は、パワーテープしかなかった時代から使っているので、パワーテープと言えば、丸型のこのテープをイメージしてします。

>>【ファイテン公式】パワーテープ 70マーク入

>>【ファイテン公式】パワーテープ 1000マーク入

個人的な感想ですが、パワーテープでも十分効果を感じるので、その効果を試すのにもオススメです。
コスパも最高!
1マーク(枚)、7.7円です!
私はお得な、1000マーク(枚)入りを買ってます。

ファイテン パワーテープの貼り方

肩こりなどでは、押して痛みを感じる部分、気持ちよく感じる部分に貼るのも効果的です。
一般的に認識されている「ツボ」に貼るものオススメです。

特に決まった貼り方はないのですが、公式サイトにある「テープの貼り方講座」が参考になります。

>>【ファイテン公式】テープの貼り方講座

水泳の時には、メタックスクリーム、メタックスローション

水泳も有酸素運動なのですが、テープを貼るのが難しい水泳時にピッタリなのが「塗るボディケア」のメタックスクリーム、メタックスローションです。

ファイテンでは、アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミング)のオリンピック、日本代表チームをサポートしていますが、この塗るシリーズは、日本代表チームの、井村雅代ヘッドコーチと、ファイテン社長の平田氏との会話から開発された商品です。

ファイテンはボディケアでマーメイドジャパンをサポートしています | 新着情報 | ファイテン株式会社【phiten】
ファイテン株式会社の新着情報です。新商品やキャンペーンの情報等を随時お届けします。

マーメイドジャパンの井村コーチとファイテン代表 平田氏の対談

井村コーチ:私がファイテンと出会ったのは1990年代の後半ぐらいでしょうか。大学の先生(トレーナー)の紹介で、それからファイテン商品を使うようになりました。シンクロは採点競技ですから会場に入ったときからが勝負です。カラダに不調があるからといってテープを巻いたりは出来ないわけですよ。だからファイテンのボディローションは昔から良く使っていましたね。シンクロは「美」を競うスポーツですので水面では優雅ですが、水中では立ち泳ぎで激しく動いています。朝から晩まで練習して選手によっては体重が落ちていき、一日約5,000キロカロリー摂っても痩せていくんですよ。縁があって平田社長とお会いすることができて、そんな話をさせて頂いたら私たちの為に商品を開発しましょう!と仰って頂いて、ボディケアクリームを2015年の世界選手権に間に合わせてもらったんですよ。私はもちろんですが、選手たちも気に入って使用していますね。使用感としては良く伸びてとてもプロテクト感があります。不思議ですね。社長どうしてなんでしょうか(笑)。

ファイテン平田:クリームの粒子に、ファイテンのナノテクノロジーを駆使しました。これは特注で井村コーチの為だけにつくりました。

メタックスクリーム、メタックスローションの使い方

運動前にクリームやローションをすり込むのも良いんですが、筋肉痛など疲労回復の為に、 運動後のマッサージに使うのもオススメです。

運動後のマッサージに使うのでしたら、「さらっ」としているローションは、良く伸びて、マッサージにピッタリです。

タイトルとURLをコピーしました